FIREを目指す丸刈り薬剤師の雑記帳

34歳でセミリタイアした薬剤師が考えたことを気分の趣くまま記録します。大体はどうでも良い事を書き連ね、時々役に立つか分からないマニアックな記事を書いています。過去と同じ内容の記事を書くこともあるかもしれませんが、どうかご容赦願います。また投資についての記事もありますが、投資判断については自己の責任において各自判断してください。

インフレ率には「今のところ」勝っている

貯金も重要な投資先の一つである。家計簿には貯金以外の証券投資については内部収益率を計算してあるけれど、貯金も含めた投資については計算したことがなかった。今日も暇なので内部収益率を計算してみた。

計算方法
・2008年は、年末の貯金額を投資額とし、これを-100とする。
・2009年~2019年は、全収益から消費支出を差し引いた額を投資額(負の値)とする。
・2020年は、総資産額から負債を差し引いた純資産額を投資後のキャッシュフロー(正の値)とする。

このようにして内部収益率を計算してみたところ、2.23%となった。先日計算した公的年金基金(4%台)に負けていたので、所詮個人でやる投資というのはたかが知れていることを思い知った。しかし、2009年から2019年のインフレ率の相加平均が0.31%だったので、今のところ投資の目的である保有資産の購買力維持は達成できている。しかし、保有しているインデックスファンドの基準価額から現在の値から25%下落すると、以下のようになる。

f:id:firebouzu1986:20200922131846p:plain
内部収益率は-0.20%となり、インフレ率にあっさり負けてしまった。これは近いうちに十分起こりうることである。これが株式を44%所有しているリスクである。しかし、株式の売却を行うことはできない。なぜなら、株価の動きは誰にも推測できず、いつ最高値をつけた後に暴落があるかも分からないからである。各国政府がゼロ金利政策を続けている今、現在地よりさらに値上がりする可能性も十分にある。
したがって今自分にできることは市場予測に精を出しすぎず、その時が来るまで自分の人生を楽しむことだと思う。恥ずかしいことに10年以上週5~6日労働をしていて、何が本当に楽しいことなのかはっきり分かっていないのである。

2020年9月21日 今日の出来事

今日は一日中晴れていたにも関わらず、部屋から一歩も出なかった。

最近になって夜の気温が大分下がってきたので、タオルケットだけでは寒く感じるようになってきた。そこでこの晴れを利用して、タオルケットを洗濯機にかけた。小型の2層式洗濯機なので、脱水機に入るか心配だったけれど、なんとか入れることができた。夏の夜はよく汗をかいたので、洗濯後の水が大分濁っていた。いつもよりしっかりすすぎをして天日干しにした。大分くたびれてきているけれど、もうひと夏頑張って欲しいと思いながら布団入れにしまった。一人暮らしなら小型の2層式洗濯機で十分事足りることを改めて実感した。

その後はパソコンで麻雀をしたり、どうでも良い動画やウェブサイトを見たりしていた。昨日は本を借りたので、それを読もうと思ったけれど、今日はなかなか身に入らなかった。

夕方近くになり、何かしないといけないと思い、靴下に穴の空いた部分があったので、同じ布を使って修繕した。しかし、傍から見るとかなりみすぼらしく見える。少なくとも公の場で靴を脱ぐことはできない。それでも少し穴が空いただけで他の部分が無傷なものを軽々しく捨ててしまうのは抵抗があるけれど、もう少しマシな修繕方法を調べたほうが良さそうだ。

夕方に欧州株式が大分値を下げ、かなりの円高にもなっていた。連休明けの相場は荒れるかもしれない。

前回髪の毛を刈ってから4週間が経ったので、バリカンで丸刈りにした。このバリカンは5年前ぐらいに買ったもので、髪の毛を長さを調節する部分が大分傷んでおり、電源の入りにくい時もあった。そして、事件は起こってしまった。髪の毛を刈っている途中で電源が入らなくなってしまった。この状態では、江戸時代の落ち武者のような髪型で外出するか、帽子をかぶらなければならない。帽子はニット帽しかなく、まだ使うには早い時期である。コンセントを入れ直したり、叩いたりしてみたけれど、なかなか動く様子がなかった。しかし、諦めかけた瞬間、なんと最後の力を振り絞って動いてくれた。流石にこれが最後になるかもしれないと思い、手早く処理をして事なきを得た。これにより来月までの期間限定楽天ポイントはバリカンで消費することとなった。電化製品は正常に動いている時は、何も感じないけれど、急に動かなくなってしまうことがあるので、電化製品に頼り切りになるのは慎んでいかないといけないと思った。

職場内ゴシップに飽きてきた

今の職場には仕事の出来が悪い正社員が一人いて、事あるごとにその人の良くないところを言い合っている。たしかにその人は仕事は遅いし、返事はろくにしないし、トラブルが起きそうな案件には極力手を出さないなど仕事に対する誠意が欠けているように見えるので、同意できる部分は大いにある。しかし、以前の自分にも似たような時期があり、偉そうなことを言える立場ではないので、あまり話を膨らませないよう注意している。あまり大きなことを言うと今度それが同じような状況になった時にカウンターパンチを食らうこともあるかもしれないからだ。
どこの職場にも、そういう人はいるだろうけれど、仕事のできなかった人が万が一、姿勢を改めて努力するようになったら、その人に対する意見は変わるのだろうか。自分としてはなんだか怪しい気がする。やはり何かに付けて文句は出てくるような気はするし、雑談も何となくぎこちないものになるのではないかと思う。
自分としては争い事には極力巻き込まれたくない性分なので、上手く立ち回っていく必要がありそうだ。今後同じ職場に居続ける身としては味方も減らしたくない。異性はなおさら大事な存在である。意見を求められたときだけ適度に同調しつつ、話が一区切り付いたらその場を離れるようにしていこう。
週4日とはいえ休憩時間を含めて1日9時間の拘束時間というのはとても長い。せっかくなら、もっと楽しい話を聞きたい。

自転車購入での迷い

昨年の夏から借りていた自転車を先日弟に返した。今の職場やスーパーなどは徒歩圏内にあるので、大きく不自由することはない。しかし、たまに心地よい風を感じながらどこか遠くに行きたくなることがある。

住んでいる場所は比較的平坦なので、変速機なしのママチャリでも十分対応できそうだ。安い自転車で整備の仕方を練習しようとも思っている。しかし、自転車を盗まれるかもしれないという危惧があり、折りたたみ自転車の購入も検討している。

ホームセンターで売っているような安い折りたたみ自転車は、重かったりなかなか前に進まなかったりとあまり評判が良くない。そこでDahonというメーカーがあることを知った。比較的安いRouteでも5万円以上するらしいけれど、折りたたみやすさや乗り心地などは大分良いらしい。そこで家の近くの自転車屋に行ってみたけれど、2021年モデルが入荷待ちということでRouteがどんな感じか触ってみることができなかった。10月以降に入荷するらしいので、もうしばらく我慢して待ってみよう。

人の良いところだけを見るようにしたい

人と接していると良いところよりも悪いところが目に付きやすい気がする。心理学のプロスペクト理論によれば、損失は利益よりも感情の度合いが大きくなる。損失が大きくならないようにするためには、良くない兆候を察知してそれに対処する必要がある。これは天敵から身を守るための防衛本能らしい。そういうわけで悪いところが見えやすいのは仕方のないことかもしれない。
人の悪いところを祭り上げて話の話題にすることはよくあることだけれど、長く続けていると人の些細な短所ばかり見るようになってしまう気がする。そして家族や友人など大切な人にも同じような視線を送ってしまうのではないかと不安になる。
すべてが優れている人はいない。まして自分なんかは休日は怠惰な過ごし方だし、ユーモアも筋肉も足りない。上司や先輩から言われたことにそこそこ忠実で会社にとっては便利な人に過ぎない。中途半端に真面目でドケチだから結婚は難しいのだろう。
今まで一緒に仕事をしてきた人たちの嫌なところはたくさんあったけれど、良かったところもある。田舎に住んでいる以上、別れた人たちと今後会うことは無いだろうけれど、そういう人たちの良いところは記憶に残っているのが不思議である。自分にとって都合のいいように解釈して良いところだけを真似していこう。